お客様の声

結婚8年目の記念写真

花嫁ご自身も、ファミリー撮影やマタニティーフォトを専門にしているフォトグラファーだとか。
それだけに撮影に映える着物を迷わず決められました。
黒地の着物ながら、赤、ピンクオレンジ等、様々な色の花で埋め尽くされているので、とても華やか感いっぱいのお引きずりです。

明治時代の結婚写真には、打掛でなくほとんどが黒地の着物です。結婚後は、袖を切って短くし、留袖として利用されていました。
「お引きずり」とは、はしょらないで、裾を引きずるように着ることです。

余談ですが、この「お引きずり」には別の意味があって、裾が長い為行動が制限され、衣装や化粧などにこだわってまともに働かない女性を非難する言葉としてもつかわれています。

ブライドはちょっと女優の山村紅葉さんに似ていると思いませんか?
ご主人はフィリピン系の方ですが、刀のポーズがとても決まってますね。
753に限らず、男性は皆、刀が大好きです。時代劇のヒーローみたいですね。