お客様の声

ファッション感覚で打掛フォト

着物といえば、まず苦しいとか、決まり事が多すぎて敬遠されがちですが、今日は自由な発想の組み合わせにしてみました。

白地に薄いピンクの刺繍で鮮やかなシルバーの銀箔がアクセントの打掛に、ブルーの掛下がオシャレ感を引き立たせます。
打掛といえば、かつらをかぶるのが慣例でしたが、重くてきついというメージから敬遠され、今では洋髪が主流になっています。
大きめな髪飾りも、打掛姿ではバランス良く華やかさを一層際立たせます。

着物と小物の合わせ方も、自由に洋服感覚で合わせて見てはいかがでしょう。個性を引き出すのも、小物次第です。
今日の帯揚げは、白でなく若草色にしてみました。意外な組み合わせですが、胸元が引き締まり、いい感じですね。


休憩後、今度はブルーのオーガンジーに金箔のついたモダン感覚の打掛です。小物類も赤に統一し、一体感を出しました。


最後はシンプルなブルーに、白の水玉の打掛です。着物の場合、殆どがアップスタイルですが、今回「ラプンツェルスタイル」にしてみました。
意外にも打掛とのバランスも良く、シルバーの帯締めを形よくまとめてヘッドピースにしてみたところ、とてもマッチしたのは予想外でした。