お客様の声

8月27日から9月10日まで自宅待機令が発動!

ハワイのコロナ感染拡大により、残念ながらまたもや自宅待機令が発表されました。感染拡大により医療従事者の絶対数が不足し始め、病院の受け入れ態勢に深刻な問題が生じ始める前の予防対策なので仕方ありません。

そこで、家にいる時間がたっぷりあるうちに、タンスに眠っている古い着物のリフォームなど、この際思い切って始めては如何でしょう!
写真にあげているのは、約80年前の母の成人の時の振袖です。勿論、私の娘時代にも着たのですが、それ以来長らくタンスにしまわれていました。

渋いオレンジと柄が気に入っていたので、この際思い切って洋服にリフォームしてみました。古い着物なので、布が弱くなっているかと思いましたが、何の心配も無く、それよりとても丁寧に縫われていたので、ほどくのに時間がかかったくらいです。振袖だけに生地もたっぷりです。折角の家紋を生かしたデザインにしました。ハワイでは、千羽鶴を家紋にかたどって結婚式の時に飾るので、家紋は日本人以上に関心があるようです。

結局、ジャケットとスカートにキャミソール、そしてニューノーマルとしてのマスクもマッチングで作る事が出来ました。
これからはマスクも洋服とのペアリングでおしゃれ致しましょう!

マサコではリフォームをはじめ、ドレスだけでなく、各種オートレーション(お直し)も致しております。