リーガルウエディング

ハワイでリーガルウエディング

ハワイの教会挙式で発行する結婚証明書は法的効力のないものです。「リーガル ウエディング」の手続をすることで、法的効力のある結婚証明書(マリッジライセンス)が発行され、ハワイ州の法律に基づいて婚姻したことが日本の戸籍に記載されます。マサコフォーマルズでは、新郎新婦様のリーガルウェディングのお手伝いをいたします。

$500含まれるもの

  • 登録料
  • 通訳
  • 送迎
  • 証明書のコピー

ハワイ到着後~挙式当日~帰国後まで、お手続きの流れ

  1. 式前日までに、マリッジライセンスオフィスにて、書類の手続をします。新郎新婦様は、必ずおふたりが出向く必要があります。各自パスポートを持参のうえ、英語でインタビューの後、仮のマリッジライセンス(結婚証明書)が発行されます。
  2. 挙式当日、仮のマリッジライセンスを必ずご持参願います。挙式後、牧師様にサインをしていただく必要があります。サイン済の仮のマリッジライセンスとマネーオーダー(為替:当店手配)をマリッジライセンスオフィスに送ります。
  3. 約3週間前後、当店が代理人として、マリッジライセンスのコピーを受領、新郎新婦様のご自宅へ郵送いたします。
  4. 帰国後、マリッジライセンスのコピーを持参のうえ、日本の役所にて入籍手続をします。ハワイで挙式、婚姻したことが戸籍抄本、謄本に記載されます。

ご案内

  • 事前ご予約をお願いします。
  • 現地精算の際に別途州税(4.712%)がかかります。
  • マリッジライセンスオフィスは、午後4時終了、土日祝祭日休みです。
  • 所要時間は約3時間のため、余裕を持ってスケジュールをお取りください。
  • 日本で既に入籍されている方は、ハワイでの結婚証明書発行はできません。

ご注意

  • 2017年1月1日~12月31日の料金となります。
  • 現地精算の際に別途州税(4.712%)がかかります。
  • キャンセルポリシー:各教会のキャンセルポリシーをご覧下さい。
リーガルウエディング