リーガルウエディング

ハワイでリーガルウエディング

ハワイの教会挙式で発行する結婚証明書は法的効力のないものです。「リーガル ウエディング」の手続をすることで、法的効力のある結婚証明書(マリッジライセンス)が発行され、ハワイ州の法律に基づいて婚姻したことが日本の戸籍に記載されます。マサコフォーマルズでは、新郎新婦様のリーガルウェディングのお手伝いをいたします。

$500含まれるもの

  • 登録料
  • 通訳
  • 送迎
  • 証明書のコピー

ハワイ到着後~挙式当日~帰国後まで、お手続きの流れ

  1. 挙式の前日迄に各自のパスポートを持参して、ハワイ州保健局(デパートメント・オブ・ヘルス)へ行きます。(所要時間 約30分から1時間。混み具合による)
    ■結婚証明書をもらう手続きをします
    ■英語でのインタビューを受けます
    ■仮結婚証明書を受け取ります
  2. 挙式当日に、仮の結婚証明書を持参し、挙式終了後に牧師様に仮結婚証明書にサインしていただきます。
  3. 牧師様がハワイ州のホームページを通して直接登録いたします。
  4. 約一週間から10日後、弊社から挙式後E-メールでお送りした和訳付きの結婚証明書(写し)を役所の婚姻関係担当部署へ提出してください。
  5. 約3~4ヶ月後に、結婚証明書のコピーが1通、ハワイ州保健局からご自宅に届きます。
    ※アメリカでは、結婚証明書原本は役所保管となるため、写しが届きます

ご案内

  • 日本で、入籍をされている方は、リーガルウェディングの手続きはできません。
  • パスポートを必ずご持参ください。
  • 申請可能日・時間は、月~金(8 時~16 時)です。土・日・祝は申請できません。
    16時近くは大変込み合いますので、お早めにお手続きがおすすめです。
    但し、役所の事情により営業時間等が変更になる場合もございます。
  • こちらのパッケージは、必ず事前に予約をお願いいたします。

ご注意

  • 2018年1月1日~12月31日の料金となります。
  • 現地精算の際に別途州税(4.712%)がかかります。
  • キャンセルポリシー:各教会のキャンセルポリシーをご覧下さい。
リーガルウエディング